「到底選哪一根好呢?」 「選擇困難症患者,我替你做決定!」 [哈哈] ​