錦瑟 (きんしつ) 端無くも五十絃 一絃一柱華年を思う 荘生の暁夢 (ぎょうむ) 蝴蝶に迷い 望帝の春心杜鵑(とけん)に託す 滄海月明らかにして珠 (しゅ)に涙有り 藍田日(ひ)暖かにして玉 (ぎょく) 煙を生ず 此(こ)の情 (じょう) 追憶を成すを待つ可(べ) けんや 只だ是 (こ)れ當時已に惘然 (ぼうぜん) ​