知(し)ることを拒絶(きょぜつ)は時に兇器(きょうき)となる,君(きみ)はもっと人(ひと)の話(はなし)を聞(き)け,人の心(こころ)の動(うご)きを慮る(おもんぱかる)べきだ