你知道日語中「桜」一詞的由來嗎?

暖暖春日,正是櫻花盛開的時候,關於櫻花你了解多少?讓我們一起看看關於櫻花的小知識吧。

「桜」という名前の由來
“櫻”這個名字的由來

桜という名前の由來ですが、諸説あります。例えば、「さ」は“田んぼの神様”、「くら」は“神様の宿る場所”という意味で、そんなところから“稲の神様の宿る木”とされていたという説。他にも「咲く」という言葉に、接尾語の「ら」が付いたとする説などがあります。
關於櫻花(さくら)這個名字的由來,眾說紛紜。例如,「さ」是“田地之神”的意思,「くら」是“神明居住的地方”的意思,因此有“稻神居住的樹”的說法。還有一種說法是“開花(さく)”這個詞的接尾詞是“ら”。

そんな桜ですが、“春”以外にも“卒業”や“旅立ち”の象徴といわれています。また菊と並んで日本の國花とされています。このように日本人にとって桜は特別なものでもあります。
這樣的櫻花,除了象徵“春天”之外,還象徵著“畢業”和“啟程”,且和菊花並列為日本的國花。由此可見,對於日本人來說,櫻花是特別的。

「さくらの日」というのがあるのをご存知でしょうか。3月27日です。これは「日本さくらの會」が1992年(平成4年)に定めたもので“咲く”の語呂合わせ、3×9=27ということで、3月27日なのだそうです。
你知道“櫻花日”嗎?是3月27日。據說這是“日本櫻花協會”於1992年(平成4年)規定的,取自“開花(さく)”的諧音,3(さん)×9 (く)= 27,所以是3月27日。

桜は日本の歴史や文化、風土と深くかかわってきています。そんな桜を通して、日本の自然や文化について國民の関心を高めることを目的に、この「さくらの日」を定めたそうです。そんな桜の花言葉の1つが「精神の美しさ」です。
櫻花與日本的曆史、文化、風土關系深遠。通過櫻花,以提高國民對日本自然和文化的關心為目的,確定了這個“櫻花之日”。櫻花的花語之一便是“精神之美”。

「桜」がつく言葉をいくつご存知ですか。
帶有“櫻”的詞語你知道幾個?

まずは「桜前線」です。これは桜の花の咲いている地域と、これから咲く地域の境目に引いた線のことです。この場合の桜はソメイヨシノを基準としています。桜前線は九州から北海道まで、約2ヶ月かけて北上します。
首先是“櫻花前線”。這是在櫻花盛開的地區和即將盛開的地區之間劃下的分界線。這種情況下的櫻花以染井吉野為基准。櫻花前線從九州北上至北海道,大約需要2個月。

続いて「桜色」です。「桜の花びらのような色、ほんのりと赤みを帯びた色」のことです。「桜色=ソメイヨシノの色」というイメージがあるかと思いますが、実際のソメイヨシノの花の色は、ピンクよりも白っぽい色です。実はもともと桜色とは、同じ桜でもヤマザクラの色を指した言葉なんだそうです。
接著是“櫻花色”。是指“像櫻花花瓣一樣的顏色,略帶紅色的顏色”。大家可能會有“櫻花色=染井吉野的顏色”的印象,但實際上染井吉野的花的顏色是比粉色更偏白的顏色。實際上,“櫻色”原本是指同為櫻花的山櫻的顏色。

ヤマザクラもソメイヨシノと同じように白い花を咲かせますが、ヤマザクラは若葉が赤みを帯びています。満開のヤマザクラを遠めで眺めると、淡いピンク色に見えたことに由來して、「桜色」と名づけられたといわれています。
山櫻也和染井吉野一樣開白色的花,不過山櫻的嫩葉略帶紅色。從遠處眺望盛開的山櫻,就會看到淡淡的粉紅色,“櫻色”因此得名。

そして「桜花爛漫(おうからんまん)」です。「桜花」は桜の花、「爛漫」は花が咲き亂れる様子という意味です。つまり「桜花爛漫」とは「桜の花が満開になって、咲き亂れている様子」を表した言葉です。
此外還有「桜花爛漫(おうからんまん)」。「桜花」是指櫻花,「爛漫」是指花兒紛紛盛開的樣子。也就是說,「桜花爛漫」這一詞表達的是“櫻花盛開的樣子”。

你都了解了嗎?

全站最新消息

d